通販バイアグラの殆どが純正品ではない

バイアグラは通販でも購入できます。
厳密にいえば通販ではなく個人輸入の代行なのですが、ここで代行しているバイアグラの多くは純正品ではないのです。
最近よく市場に出回っているジェネリック医薬品の事でもありません。
いわゆるバイアグラの偽物になります。
ネットのサイトの方にはバイアグラの写真を掲載していますが、それは一応純正品なのです。しかし実際に送り付けてくるものは偽ものになります。
またその偽物も本物と見分けがつかないように着色やロゴを入れていますので今までに純正品を購入したことのない人にとっては全く見わけがつきません。
本物を購入したことのある人でも間違える可能性があります。
実際に送り付けられるまでは本物なのかどうかがわかりませんのでかなり危険なのです。
ちなみに偽物はどのような成分でできているのでしょうか。
ジェネリックとは違い成分の中には薬に使用できないものが含まれている場合もあります。そのために大きな副作用が出ることもあるのです。
純正品を売るお店かどうかを知るのはかなり難しいことです。
レビューを調べるという方法もありますが、レビューを書いている人そのものが偽物か本物かを判断できていない可能性があります。
分からない場合はもうネットで購入するのをやめて医療機関で処方してもらうようにしてください。
ネットだとかなり安い価格で販売されているので魅力的に思うかもしれませんが、その安さは偽物だからこその安さなのです。
中には純正品を扱っているところもありますが、何もリスクを冒してまで通販で購入する必要もありません。個人輸入で購入するのは自己責任ですので偽物をつかむリスクも考えてするなら問題はありません。

ファイザー社のネット販売は国内向け

EDの種類には、心理的作用による心因性や障害などが関係する器質性、心因性と器質性が合わさった混合型があります。40歳を過ぎるころから増える動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病疾患や喫煙などもEDに影響すると言われています。そのため、EDになる方は、40代、50代が最も多くなります。年代的に、仕事における責任も重くなるため、プレッシャーやストレスなども多くなって、EDに陥りやすくなるのではないかと言われています。調査によると、成人男性の4人に1人が、中程度のEDや完全なEDであると言われています。また、軽度の方を含めた場合には、約8割にもなると言われています。EDの対策としては、まず、動脈硬化が進まないようにすることやリラックスすることが大切ですが、勃起を促進するバイアグラを利用するのも有効です。バイアグラは、世界ではじめて製品化されたED治療薬です。有効成分はシルデナフィルと呼ばれるもので、その含有量によって、25mgと50mgのバイアグラがあり、ファイザー社でネット販売しています。シルデナフィルを100mg含有しているものも海外ではあるのですが、日本国内では認可されていません。つまり、ファイザー社のバイアグラは国内向けになります。誤解されている方も非常に多いのですが、バイアグラは、精力剤のように、性的興奮を起こさせるようなものではなく、あくまでも血流を促すことで、勃起を促進するという薬です。重い肝機能障害や、高血圧の方、脳梗塞や心筋梗塞の既往歴のある方などには、副作用なども心配されるため、使用できません。また、使用してほてりや頭痛など、いつもと違う症状が出た場合には、量を減らしたり使用を中止し、専門医に相談する必要があります。EDでお悩みの方で、バイアグラの使用に心配のある方は、ネット販売を利用する前に、まずED治療専門医などに相談してみることをおすすめします。